満開

勝沼ぶどう郷駅ホームから見る桜1

勝沼ぶどう郷駅ホームから見る桜2

★ホームから桜がブワーッ…と。JR中央線の勝沼ぶどう郷駅。これは見事。あ、クリックで拡大します。
ていうか僕が桜の写真を撮ろうとすると、いつでも曇りなのは何故だ?(^^;;;

露出(つゆいで)さん#9

露出さん#9

★露出(つゆいで)さん#9更新しました。TOPページからぜひお読みくださいm(_ _)m
アイ子とツー子です。初めて名前出てきました(^^;;;

★全然関係ない話ですが、昨日献血に行ったのですが、口内炎があると出来ないんですね。せっかく行ったのだが…残念なり。

感想

先日の記事に書いた「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」を昨日読了しました。せっかくなので感想でも。

友達同士で興味のある好きな話題でああでもないこうでもないと言いあうのって楽しいですよね。この本はそういった類の楽しさがありました。

著者は本の中で、恐竜に対して自由な空想を働かせています。
例えば恐竜はどんな色をしていたかという話。
近年恐竜は鳥の先祖だとされ、恐竜図鑑もカラフルな恐竜ばかりになった。その反面、モノトーンの恐竜が描かれることはなくなったという。
しかしモノトーンの恐竜だっていたはずだし、例えば真っ白な恐竜もいたはずだ。ていうかいて欲しい。いたらカッコイイ。白い恐竜がいるとしたら、その条件は何か?

そこで鳥類学者の著者はサギやツルやアヒルや白鳥などの代表的な白い鳥の例から類推する。
白いと目立ちやすいので捕食者から狙われやすい。
しかし水辺のような開けた場所なら、どうあっても元々目立つので、かえって白く目立つ方が仲間からは仲間と認識してもらいやすい。=群れを作るには最適。
群れでいることはエサを探すにも敵から逃げるにも効率がいい。
白い恐竜は、体がある程度大きく、開けた場所に住み、群れになりやすい種類ではなかろうか。

…と、ここで翻って、大型の哺乳類には白いものが少ない。彼らは鳥と比べて敵に見つかった時の逃げ足が遅い。恐竜は鳥ほどではなくとも、哺乳類よりは足が速くないといけない。

さらに雪国など寒冷地では白が保護色となるので、そういう地域に住む恐竜も白かったのではないか…等々、一つの着想から、ああでもないこうでもない、いやきっとこうに違いない! …と思考の過程を書いています。それも専門知識をふんだんに入れて。

この本は恐竜に関する正確な知識を学ぶ本ではなく、空想を働かせる本です。空想の根拠は著者の豊富な鳥に関する知識。なので恐竜知識より鳥に関する知識の方が増えていきます(笑)

ちなみに僕が一番好きなのは恐竜の鳴き声の話
なにがどうなってそういう結論になったかは、実際に読んで頂きたいが、夜に小高い丘でメスを呼び寄せるためにプープー鳴く肉食恐竜が中生代の風物詩だと言う(笑) どうしてそうなった?(笑)
そこに描かれてるL島さんのイラストがまたカワイイのだ。

あ、あと先日のコメント欄でなんちるさんが“作者はガンダムオタクか”と書いてたが、そうかもです(笑)
僕がわかるだけで3つはガンダムネタが出てきてますよ(^m^

くず湯

くず湯

★最近くず湯にはまっております。あっ、くず湯っても葛なんて使ってません。片栗粉です(^^;;;
作り方はここで説明するまでもないですが

①片栗粉と砂糖をマグカップに入れて水で溶く
②かき混ぜながらお湯を注ぐ

以上、超簡単なわけです。
んでですね、①の段階で香料を入れると非常に美味しいのです!!! 色々試した結果、オレンジエッセンス、ストロベリーエッセンス、メロンエッセンスがめちゃめちゃ美味しいです(>▽<
桜フレーバーは個人的には微妙でした(^^;;;
あとバニラエッセンスも微妙なのですが、ググッたらお湯じゃなくて牛乳でやると美味しいよと言う情報があったのでそのうちやってみようかと。

ちなみに香料は気持ち多めに入れないとあまり香りがしませんでした。おかげでそれぞれのエッセンスの消費量ががが…。

桜咲く

★桜が満開ですね(^▽^
んで近所の小学校に桜を見に行ったのですが、剪定で切られたと思われる枝からも花が咲いてました。強い生命力を感じます。新しい枝ってこっから伸びていくのかな?

露出さん#8

露出さん#8

★TOPマンガ更新しました。TOPページからぜひご覧下さいm(_ _)m
しばらく余裕が無かったのですが、ようやく更新出来るようになりました。続けられるように頑張ります。

同じ服

ジャンパー1

★写真は現役でよく着てるジャンパーです。んで、下は最近見つけた写真。

成田2000

こっちは2000年4月に大阪で撮ったものです。道頓堀ですね。
…Σ(@▽@;;; 同じ服だ!
13年前なので、当時28歳ですね。若さのかけらもないのは何なんでしょう?(^^;;;

この服を買った憶えはなく、ウチの姉からお古でもらったと記憶してます。少なくとも14年以上前の服だったのか。そりゃチャックの持つとこも壊れるわ(去年11月16日の記事参照)。
胸の部分の飾りもはげているので、今度何かワッペンでも縫い付けて補修してみようかなと思ってます。
…って、オレこの服、何年着るつもりだよ(^^;;;

鳥と恐竜

鳥類学者無謀にも恐竜を語る

★当ブログからもリンクを張らせていただいている召喚獣猫の手のL島咲さんが挿絵を描いた本「鳥類学者無謀にも恐竜を語る」(川上和人著 技術評論社)が発売されたので購入しました。
前回の記事で探してたのはこの本でした。

んで、まだ最初の方しか読んでないのですが…この本めちゃめちゃ面白いです!
鳥は恐竜の仲間だという近年定着しつつある学説を元に、恐竜についてあれこれ想像力を働かせる…という内容なのですが、とにかく文章の語り口が柔らかくて面白い。
とくに欄外の注釈が大真面目なようでいて、それでいてふざけているかのような文章で、電車の中で読んでるのにくすくす笑ってしまう。
僕はとりあえず、著者が「改めて、ここに高らかに宣言しよう。恐竜は、鳥も同然と!」と言い切ったところまで読んだので、これから本題に入ると思われる。続きを読むのが非常に楽しみだ。

そして忘れてはいけない。L島さんの描かれた大量の挿絵が、この本にとっても合っている。
柔らかいタッチで、愛嬌のある表情を見せる恐竜や鳥、動物の絵が、文章とあいまってすごくいい雰囲気を出していると思った。
皆さんにもぜひオススメです。

3軒の本屋

★献血に行った帰り道のこと。本日発売の欲しい本があったので本屋に立ち寄ったのです。
少々マイナーな本かと思ったので、あらかじめタイトル・著者・出版社・ISBNの情報をメモって持参しておきました。

1軒目の本屋で探すも見つからなかったため、店員に検索してもらったところ、「ウチのお店には配本がありませんでした。ご注文頂ければ19日には届きます」との返事を得た。
19日? …実は事前に調べたところ19日発売と言う情報もあったため、“あれ? やっぱりそっちが正しかったのかな?”と思い「発売…は、されているんですよね?」と確認すると「…そうですね。ただウチのお店には配本が無かったのです」とのこと。

続いて2軒目の本屋さん。
同様に探しても見つからなかったため、店員に確認をお願いすると「あいにく品切れになっておりまして。ご注文頂ければ1週間~10日で入荷すると思います」との返事を得た。

最後に3軒目。
その街で大きな本屋は、僕が知ってる限りこの3軒のみ。つまりラストチャンス。ここになかったら池袋か新宿まで行こうと考えてた。
新刊コーナーやその他ありそうな所を探しても見つからなかったため、ここもダメかとあきらめ半分で店員に聞いてみた。
すると意外な答えが。
「本日発売と言うのは、アマゾンか何かでお知りになりましたか?」
言われてみるとその通り。とあるサイトでは19日発売とあったが、アマゾンで16日と書いてあったのだ。
「アマゾンは問屋なので事前に入荷することもあるのですが、実際はまだ発売前みたいですね」とのことでした。

何だ、まだ発売前だったのか。また19日に改めて探しに行こう。

んで、それぞれのお店を回って思ったこと。僕的には3軒目の本屋さんの対応がすごいなと思いました。
他の本屋さんでは全く出てこなかった詳しい情報がスラスラ出てきたり、僕が発売日を勘違いした理由を解説したり、こういった件の対応に慣れているんだなと感じました。
あ、あと1軒目の本屋さんも誠実な感じがして好印象。皆さんどう思うのかわかりませんが、僕的にはということです。
2軒目の本屋さんの「在庫が切れている」は定番の言い回しで、一般的な対応としては正解なのだろうが、“どうせ入荷しなかっただけだろ。ていうか僕も知らなかったとは言え発売前じゃねーか”と思ってしまってちょっと印象マイナスポイントかな。

…うん、まぁでも、知らなかったとは言え無理難題を言ってしまって、それぞれの本屋さんゴメンなさいです。

銀座

銀座4丁目交差点

銀座木村家

★所用で銀座に行ってきました。用事は…うん、心の底からどうでもいい内容なのでスルーで。
んで、写真が思った以上にキレイに撮れていてヒャッホーです。クリックで大きくなるぜ? あ、実は先週、デジカメ買ったんですよ。7400円の安いヤツだけど、これだけ撮れれば十分だ!
その昔、父親の持ってたデジカメを無理言ってもらったのですが、その数日後に落として壊すという大惨事を経験しているので、今回は首から下げるストラップをしてますよ。…うん。お父さんごめんなさい(^^;;;

ティーザー3

ティーザー

★昨日はムラマツさんが主催しているDJイベント、TEASERに行ってきました。
上着が全く必要ないほど暖かな中、渋谷へ。
ムラマツさんからは「きらきら☆ないとと違って、エンタメ色を前面に出してるわけではないので、もしかしたら成田さん楽しめないかもしれませんよ」と事前に言われていたのだが、行ってみると選曲がどれもこれも気持ちよくてすごく楽しかった。
と言ってもイベント11時間の中の2時間半しかいなかったのだけどね。
入場無料で出入り自由だったので、遅れてきたしんご王子と抜け出して飲みに行って、一旦会場に戻ってから終電で帰宅。
写真は22時半くらいの会場の様子。ムラマツさんの話だと、終電後は更にお客さん増えて、クーラーが全く効かないくらいだったとのこと。

うん。ROCKは良い。

つぶやき

★青春18切符を買って、1週間くらいかけて、なんか旅でもしたーい!!!
プロフィール

naritari

Author:naritari
4コママンガ家
1971年生まれ
1998年「のんちゃんのお兄さん」でデビュー

現在よみうりテレビ携帯サイトにて「ギョーカイ用語辞典」配信中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる