小泉次大夫

★先日から引き続き、小学4年の学習参考書を読書なう。
本日読んだのは社会科。「地域の発展に尽くした人々」のテーマで、日本全国各地で作られた用水路を学習するパートがありました。
今住んでるところのわりと近所に野火止用水ってのがあるんだけど、これも載ってました。しかもトップの目立つところに! え? 何コレ?! 野火止用水ってそんなに有名?! そんなに重要?!
…こんなん全然習った記憶ないよ?!(笑)

と思ったら、それもそのはず。
同じテーマのページの一番最後の目立たないところに、ニヶ領用水という川崎の用水路が出てくるのですが、これが実家のまさに近所!
川崎の小学校では同じテーマでまさに地元の二ヶ領用水を学習するのです!
川崎の小学生なら、誰でも二ヶ領用水を作った人物として小泉次大夫の名前を聞いたことくらいはあるはず!
久地の円筒分水とか、見に行ったはず! ←今ここ、川崎出身者なら大ウケのはず!(?)

そんなこんなで、元川崎の小学生だった僕にしたら、野火止用水なんか無名の小川で、二ヶ領用水こそが超重要な用水路なのです! …ま、場所によってはただのドブ川なんですけどね(^^;;;
今日の社会科は、テンション上がったわ~(笑)

コメントの投稿

Secre

4年生ですから

小4だと全国の勉強はまだでつ。
だから川崎の小学生だとニヶ領用水他近辺地理と歴史のみのはず。
全国用の学習参考書だから例としていろいろと出てくるわけで~。

ちなみに熱海だと箱根用水(深良用水)を学びました。
芦ノ湖の水を裾野に引いているんですけどね。
そんなわけで
芦ノ湖は「器は神奈川県、中身は静岡県のもの」という(*≧m≦*)ププッ

社会科の話をしだすと止まらないよσ(´∀`●)ァタシ

小4万歳

ああ~、そうなんですね。
参考書的には一地域に限定できないから全国の内容が書かれてたんですね。
今思ったのだけど、玉川上水が取り上げられてなかったのが意外です。

箱根用水も参考書に載ってましたよ!
芦ノ湖からトンネルで深良村まで水をひいたとか。
くっ…芦ノ湖の中身は静岡のものだったのか…(笑)

僕も参考書読んでて、社会科が一番楽しいです。
小学生の社会科あなどれません。
プロフィール

naritari

Author:naritari
4コママンガ家
1971年生まれ
1998年「のんちゃんのお兄さん」でデビュー

現在よみうりテレビ携帯サイトにて「ギョーカイ用語辞典」配信中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる