★先日書いた、ビル解体工事の地下階の解体作業ですが…土らしきものを投入し始めました。そっかー、土かぁ。
次の建物がしばらく建たなかったら、緑豊かな土地になったりするのかな。
まぁ新橋だしすぐ次の工事が始まるかな。ん? 次の建物の工事はまた土を掘り返して基礎を作るところから始まるのか? 二度手間に見えるがまぁ仕方ないか。

★全然話は変わりますが、唐突に「バナナフィッシュにうってつけの日」という小説のことを思い出したので、読もうと思って本棚を探したけど無くなってました。紛失したか捨てたかな?
この小説は翻訳モノなので、別の出版社の出した本では「バナナフィッシュ日和」ってなってて、「わっ、こっちの方が訳として洗練されてて良くね?」って思った覚えが。
でも「うってつけの日」という持って回った言い方がインパクトがあって、タイトルとしては「うってつけの日」の方が好きです。

コメントの投稿

Secre

サリンジャー(゚д゚)

サリンジャーですか・・・。
実は『ライ麦畑で捕まえて』すら読んだことないという。

「主人公や登場人物に救いのない作品」
が苦手でして、年齢を重ねるごとに
その傾向が強くなってて、
よく勧められるけど読んでない作家の1人です。

その割に中2病真っ最中の学生時代に
書いてた小説は主人公バッドエンドばかりという
矛盾ヾ(゚Д゚ )ォィォィ

そうそう

サリンジャー、よくおわかりで! まぁ有名ですよね。
「バナナフィッシュにうってつけの日」の載ってる短編集は、高校生の頃、マンガ「BANANA FISH」で元ネタとして出てきたのを読んで、気になって買ったのでした。
内容は、あらすじを誰に話しても「意味不明」となります(笑)
僕も救いのない嫌な気持ちになる話は苦手です。
まぁ短いから読めたんでしょうね。

学生時代の小説…うっ…自分も昔描いたマンガが…(笑
プロフィール

naritari

Author:naritari
4コママンガ家
1971年生まれ
1998年「のんちゃんのお兄さん」でデビュー

現在よみうりテレビ携帯サイトにて「ギョーカイ用語辞典」配信中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる