感想「たまともんちゃん」

のんちゃんダンス

★先日の日記に書いた「たまともんちゃん」
良い意味でマンガバカの本だなと思いました。
表紙を開くと目次もなく、いきなりマンガが始まります! そして奥付を除き、ラストまで1ページも余す所なくマンガです! おまけページや捨てカットのみのページなどありません。
そして、表紙のカバーをはずすとやはりマンガ! 表も裏もマンガ! そういうところにありがちな番外編的なおまけ的な内容ではなく、本編と同格のマンガ。もう全てがマンガ。
僕も本を作るならこういう風に作りたい、と思わせるくらいに潔い作りです。

そして内容。ネタのバラエティーが豊富で、ほのぼの系からシュール系からブラック系まで幅広いです。全くだれることなく一気に最後まで読んでしまいます。
僕が非常に好きなのは77ページの「ベルとティッシュ」です。最後の間がおかしくてたまりません(^m^ 
8ページ目の「どんどんあそび」も好きです。
あとは以前このサイトでも描かせてもらった、はいえなさんの「はいはいはいはい はいえ~な」もバッチリ収録されています(>▽<

そして単行本ラストのマンガは必見。このラストのおかげで、全体の完成度が非常に高くなってます。詳しく内容に触れたいですが、ネタバレを恐れてこれ以上は触れずにおきます。

単行本「たまともんちゃん」は、サイトたまともんちゃんにて好評発売中です(^▽^

コメントの投稿

Secre

ありがとうございます!

なりたりさん、こんにちは!
感想書いてくださいまして、ありがとうございます!
「マンガバカ」というのは、最大級の賛辞では!
と勝手に受け取り、照れております。
まだまだ、頭の中にはたくさんのたまともんちゃんネタがあり、
あれもこれも、描きたいことがいっぱいです。
この国に生まれて、マンガが描けて、みなさんに読んでいただけて、
本当に、幸せをかみしめております。
ありがとうございます!

最大限の賛辞

「マンガバカ」という表現を悪くとらえられないか心配してましたが、意図したとおりにとらえてもらって安心しました。
HPやブログでは、今回の本に入ってないネタも多数読めますし、このネタの尽きることない感じがとても素敵です。

そして気付いたのですが、表紙&裏表紙の絵。コピペなのかと思ったら、全部一つ一つ線が違うのにビックリ! 手書きなんですね!!! 
トーンの部分を色に変えるためにはコピー使えないんだなぁ…と後で気付きました。
でもこれ気付くと、思わずにやりとしてしまうお得感がありますね(^ー^ニヤリ
プロフィール

naritari

Author:naritari
4コママンガ家
1971年生まれ
1998年「のんちゃんのお兄さん」でデビュー

現在よみうりテレビ携帯サイトにて「ギョーカイ用語辞典」配信中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる