思い出せない餃子

★しばらく更新してなかったことには触れずに、いつものどうでもいい話を。

お弁当のおかずって悩むじゃないですか。今朝お弁当になに入れようと考えた僕は、昨日買ってきた冷凍の餃子を焼こうと思ったのですよ。
ちなみに餃子は僕の中でベストオブ食べ物なのです。ついついテンション上がって、9個も焼いてしまったのです。弁当に入り切らない分はその場で食べればいいのだよ。(ちなみにニンニクは入ってないヤツです)
しかしいざお弁当に入れる段になって、4つしか入らない。5つ余ったのです。うん。調子に乗りすぎた。

そんなこんなで余った餃子を皿に移し、まず1つ食べる。美味い。

だが美味いはいいけど、実はあと10分で家を出る時間。残りの4つはとりあえず後にして、先にフライパンを洗う。


…というのが朝の記憶。職場に向かう電車の中で必死に思い出そうとするのだが、残りの4つをどうしたのか全く思い出せないのです!
食べたのか? 餃子5個食べたにしては、イマイチ何かお腹が満たされていない。しかし4つ台所に残したまま、家を出る時に気付かないのは考えにくい。出がけに水道もちょっと使ったし、残ってるならその時に視界に入るはず。でも時間的に余裕がなかったから意識が餃子に向かなかったのかもしれん。
夜家に帰って、部屋に手付かずの冷めた餃子が残っていたらどうしよう?!
どうしようって言うか、老化現象かなにかか?!
とか言って、残ってなかったら残ってなかったで、餃子5個食べたことを思い出せないって、それはそれでどうよ?!

で、帰宅した現在の答え合わせ。餃子は残っていませんでした。
僕にしたらどっちがマシだったのでしょうか?

コメントの投稿

Secre

ミステリー

こういう話を聞くと、推理小説脳になっている私は
どうやったら第三者の関与が考えられるか
考えてしまうのですが・・・
でもどう考えても
「なりっちが食べたのに忘れた」という結論になってしまうのでした。
ちゃんちゃん。

いやいや

タイムマシンで来た未来の僕が、こっそり食べて食器まで洗ったという可能性も!
…って僕が食べている事実には変わりないじゃないか(笑)

いや~、忘れるって恐ろしいですよ。
僕が一人暮らしじゃなかったら
「なりっち! ご飯はさっき食べたでしょ!」
みたいになりかねません(^^;;;
プロフィール

naritari

Author:naritari
4コママンガ家
1971年生まれ
1998年「のんちゃんのお兄さん」でデビュー

現在よみうりテレビ携帯サイトにて「ギョーカイ用語辞典」配信中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる